image
 

1952年に発表されたナビタイマーは、航空用回転計算尺を腕時計にはじめて搭載した、パイロットにとって極めて革新的なクロノグラフ。誕生以来ナビタイマーは継続的に製造され、多彩なバリエーションをも生んできました。1991年にはインダイヤルを12時、6時、9時に配した特徴的なフェイスが生まれました。“縦三つ目”のインダイヤル配置で長く親しまれたこの「オールド・ナビタイマー」が、限定的に復活致しました。伝統と進化、過去と未来を橋渡ししてきたナビタイマー史上の名作の復活は、日本のファンのためだけの特別なものです。

ブライトリング13搭載(自動巻)
41.5mm径
30m防水
A132 BJA NP
840,000+tax

記:大越

ISHIDA‬ ‪#‎ブライトリングブティック東京‬ 
‪#‎ブライトリング‬ ‪#‎BREITLING‬ ‪#‎NAVITIMER ‪#‎ナビタイマー
‪#‎銀座‬ ‪#‎ginza‬ ‪#‎時計‬ ‪#‎watch‬ ‪#‎clock‬ ‪#‎東京‬ ‪#‎JAPAN‬ ‪#‎日本‬